クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
おばんざいを作りましょう。
5月に京都へWS兼ねて出かけてから、食において、大きく変わったことがあります。

きっかけは、丸橋愛どの。(あんまり更新してない、と言ってたけどブログあります。)

生まれも育ちも京都のクリパル教師なのですが、彼女を師匠と呼びたいほど、暮らすことについて、ちょっとしたことだけど心に残る話をたくさん聞きました。

京都の人はおばんざいを作る、とは思っていましたが、実際にどんな風に何を作って、どう活用しているか、ありありと聞いたのは初めて。

愛ちゃんは、一週間分のおばんざいを週末に作り上げる、というスタイルを続けてきたそうです。
そりゃーもうしこたま、野菜を刻む姿が目に浮かびます。

そこまで追求するのは大変だけど、わたしも「ちょっとおばんざい生活」をはじめてみました。

IMG_2346.jpg
上)今年は庭で大根が採れたので、練りゴマと醤油、甜菜糖で味をつけて、大根とがんもの炊いたん(甘めが美味しい)
下)こちらも庭のいんげん。ゴマ和えは飽きて、確かアンチョビとオリーブオイル、塩で味つけた、インゲンとジャガイモ、たまごのサラダ
FullSizeRender_2016071909401657a.jpg
左)ひじきの煮物も、ずっと大豆を水で戻してからでないと!と思ってたけど、水煮を使って作ってみたら、意外と美味。
右)「おさかなセット」に入っていて、どうしようか困っていたベビーホタテ、やっと佃煮という着地点を見つけました。生姜、大根も入れたて、醤油、みりん:酒=2:1で煮詰める。

すべて奥に、たーんと残りがございます。
1−2種類のものを大量に作る、というのが、私には優しいようです。

そして、「冷蔵庫にアレがある」ということが、心の余裕になるっていう愛ちゃんの言葉が、身にしみる。

おからとか、傷みやすいものは「冷凍」できるし。

ちょこっとそうめんに載せたり、チャーハンの具にしたり、カレー粉を足して味を変えたり。
一からつくるより手軽で手早く、便利にありがたく、使い切ってしまえるものだなーと思います。

「作りたてのものが一番エネルギーが良い」というのは、あながち外れていないと体で感じますが、それにこだわりすぎず、

作りおきのおばんざいを食べる直前に「どうにか」するとか、必ず作りたてのもの、炊きたてのご飯なり、お味噌汁なりと一緒にいただくようにして、

なによりも、「毎食つくらなければならない」という心理的ストレスを軽くして、料理そのものを愉しむのに、「ちょこっとおばんざい」は役にたつなーと思います。

千切りにした人参の塩もみがあるだけでも、結構広がるんですよ。
images_201607191007001ad.jpeg
シリシリ器、かっこいいやつがほしいなぁ。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Food自然食
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/499-09c4dae4
trackback