山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
生命の強さ
先昨日、ショッキングな事件が比較的近い場所で起こりました。
亡くなられた方々の御霊が安らかであるように祈るとともに、いろいろなことを考えさせられる事件でした。

毎週水曜に行っている地元のヨガクラスに参加している人の中に、現場の近くに住んでいる人がいるんじゃないかと思いました。
なんらかの関係がある人や色々なレベルで影響を受けてる人もいるかもしれない。

クラスをするにあたって、一抹の不安もありました。
こんな時にヨガしている場合だろうか…と。

でも、クラスに参加者が集まってきて、どうということのない会話が始まり、今なら話せると思ったところで、私はその事件のことに、触れました。

やはり、なんらかの繋がりがある方がいらっしゃいました。
あの施設は、地域に大きな雇用を生んでいたそうです。
しかし目の前にいる人には、現実的にひどいダメージが及んでいるのではないのがわかり、ちょっとホッとしたところで、別の参加者が到着しました。

明るくクラスに入ってきた彼女は、
「夏は大変!こんな天気でも、関係なく、草と野菜はぼうぼうに伸びるのよ」
「(定年後の)お父さんがその野菜をサービスエリアにおろして、ビジネスしていて、売り上げが私の年金より多いの!」
と天真爛漫に話してくれました。

彼女の話を聞いていて、私は気持ちがだんだん明るくなっていくのを感じました。

夏なのに、寒い寒いと言っているけど、草や野菜はお構いなしに、どんどん生きるのだ。
散々働かれた後であろうお父さんが、まだ精力的に畑で採れるものを商品にするために、手を動かして足を動かして、ちゃんと稼ぎを出してる

なんて、たくましいんだろう。

やっぱり自然や、自然と関わって体を動かしている人のそばには、生命の強さが薫ると思いました。

事件のショックで萎えていた心が安らいで、私はこっちと繋がって生きていこうって想えた。

元々、生き生きとした方ですが、自分の意思と努力で、体の不調を乗りこなす強さのある女性です。
彼女が育てると、幻のレモンも、種から芽が出るんですよ。(今度一鉢もらう約束をしました)
13686708_998098963621231_5482360413378714571_n.jpg

ヨガに長年通ってくださっている方々は、私にないものを与えてくれてるんだと、とてもありがたい気持ちになりました。

そこから始まったヨガは、体の中で起きていることがなんであっても、それに気付き、関わり続けることや、光と闇、意識を無意識を行ったり来たりして、コミュニケーションするためのものになりました。

クラスを終えて、今日クラスがあって本当に良かった、ありがとうございました、と参加者に感謝を伝えました。

世の中には、イローンな人がいて、いろーんな考え方があって、インターネットが発達した今、実体験より、想念や妄想が現実を作ってしまうような状況で、実際に人と関わるのが怖くなることがあります。

でも大事なのは、だからこそ、関わり続けることなんだと思います。
切り捨てず、あきらめず、関わり続けること。

安心して関われる範囲からでいいから。

そして、体を動かして、自分が生きる力を失わないこと。

こういう時代だからこそ、生命の強さのほうに、繋がっていたいと思います。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/500-34cc1f7a
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。