山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
E-RYT500の登録準備
まだ8月の終わりなのですが、山梨では小学校がすでに始まっていて、すっかり2学期モードです。

夏休みが終わると、そろそろ来年の予定組もうか…というところまで及ぶ、というのが、仕事上の流れで…

自分がしてきたことと、その意図を思い出して、これからどんなことをしたいのか。
それを実現するには、どうしたらいいだろう。

そんな風に、調べたり考えたりするうち、アメリカのヨガアライアンスに登録する準備が要りそうだ、やるか、という気持ちになりました。

この週末、丸二日かけて、記憶をさかのぼって、ヨガの指導時間をカウントしています。

手帳、ジャーナル、フェイスブックやこのブログも総動員で。
FullSizeRender_201608281556393ac.jpg

最初はもう面倒で…やめてしまいたい、と思いましたが

なんだか、感無量です。


最初は、子供が生まれた後の指導時間を数えていて、こんなに働かせてもらってたんだなーと本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。家族のサポートがあってこそ。
寂しい思いや、大変な時もあったでしょうに、支えてくれてありがとうとおもいました。

もっとさかのぼっていくと、スタジオの移転や、妊娠、産休などの長期休業期間があり、

産前に、どれだけ必死でヨガ指導していたか、

産休中や復帰する頃の、葛藤や不安を思い出しました。

細かなことまで、全てメモしてあるのを読むと、一生懸命やってきたなーと我ながら思うのです。

登録に必要とされている2000時間を超えたので、それ以上遡るのはやめましたが、認定書を探し始めたら、最後に努めた会社でもらった寄せ書きがでてきました。「うまくいかなかったら、もどってきていいよ」とか、書いてあって、その気持ちが、当時より今の方が胸にしみます。

人一人が生きていくのに、いったいどれだけの人に助けられているのだろう、と

懐かしい顔がひとつ、またひとつ浮かぶたびに、感謝するのみでした。

そして、私がこれだけクラスやワークショップで指導ができたのは、そこに集まってくれた生徒さんたちの存在があったからです。

たくさんの恩を返すためにも、ヨガ教師として、本当に誠実に、勉強したり、努力したりするのをやめないで、これからも続けていかないとな、と思います。


スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/504-6967b22f
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。