クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
ヨガ教師のためのマタニティヨガTT
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー のトレーニングが始まってから、そろそろ1年。

学生のよう、だけど、学生ではないよなぁと思います。
というのも、仕事や家事などそれまでしてきたことに加えて、トレーニングに取り組んでるので…兼業学生って感じ??

集中して猛勉強を続けるというのではなく、普通に生きて、人と接していく中で、何を選んでいくか。
何が実際に起きていて、自分はどうしたいのか、真摯に向き合える、広い意味で学びの期間だと思ってます。


さて、そうやって過ごしている中で、多分、ヨガ教師としてのキャリアの中では、ひとつの節目になるだろうな、とおもうことがありました。

E-RYT500.png

はい、こちら。
2005年に受けたシバナンダヨガのTTの開始日時が1日違っていたのか、申請し直してやっと取れました。(ちょうど木星が移動したタイミングで^^)

200時間を終えてから11年。
300時間を終えてから9年。

その間、結婚、妊娠、出産、子育てと、(株)クリパルジャパンの運営を続けてきました。

いつも兼業だなーと思います(笑 
だから、時間もかかる分、ふくよかな体験をさせてもらってもいて、それが今の自分を形作っているのだと思います。

妊娠したことを機に自分が女性であることの、喜びや悲しみ、幸せと焦り、可能性と葛藤から逃げられないと感じて、その波に乗っていくためにウーマンズヨガに取り組み始めました。

マタニティヨガのトレーニングを受け、産後は指導も始めました。

女性であることの光も影も、全て受け入れて生きることが、私にとっては、この時期の大きなテーマでした。

しかし、10年の月日のなかで、社会環境にも変化があって、今はヨガスタジオ以外でマタニティヨガを格安で受けられる場所が増えています。 スタジオでのマタニティヨガのクラスはなくなり、もう求められていないのかな、と諦めたこともあります。

そんな中、もともとクリパルヨガを練習していた女性や、スタジオの近くに住んでいる妊婦さんが、ヨガしたい時に受け入れられるように始めたのが、ミックスクラスです。

一般の人向けのクリパル・ジェントルのクラスに、妊婦さんが混ざって参加します。
スケジュール
♥マークのクラスが、妊婦参加可のクラスです。

これが、やってみたら、とてもとても、価値のある取り組みだと感じたのです。

妊娠を「生命の創造」だと捉えたら、それに関係のない人はいません。
妊婦が安全にヨガするには、自分の体、心、赤ちゃんに十分注意を向ける必要があり、それこそが「ヨガ」=つながることだとも言えます。

そして、妊婦という存在を受け入れるコミュニティの健全さを感じました。

クリパルヨガ教師を対象にした研修で試してみて、このミックスクラスを最終目的地とするマタニティヨガTTであれば、自分の女性としての、またヨガ教師としての体験が人の役に立つんじゃないか、と思いました。

一度は諦めた夢を、蔵から出してきた感じです。

そして、フェニックス・ライジング・ヨガセラピーのトレーニングを受けている今、以前よりできることや、可能性が膨らんでいくのを感じます。

E-RYTは、教師をトレーニングをするために必要な認定として、取得しました。

今年の終わりまでには、概要をお知らせできると思います。

全ての女性を対象にしたヨガを提供するために、役立てるTTにしたいです。









スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Yogaヨガのこと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/508-04259437
trackback