クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
フェニックス・ライジング・ヨガセラピー レベル3 〜ミッドタームを終えて〜
一年前から始まっておりますフェニックス・ライジング・ヨガセラピー レベル1〜3 トレーニングですが、セラピストとなるためのレベル3のミッドタームが終わりました。
IMG_2713.jpg

レベル3中は、プラクティス・セッション、レポート作成、メンターと個人面談を繰り返すのがほとんどですので、研修生が集まってプログラムを受けるのは、最初のオリエンテーションとこのミッドタームのみです。

この、まだほとんど知られていないフェニックス・ライジング・ヨガセラピーというものを、やろうじゃないか、と集まった人たちの中にいると、私は心底、安心して、自分自身でいられると感じました。

そして、一番良かったのは、メンターやプロ目前の仲間から連日セッションを受けられ、クライアントとしての体験をかなりさせてもらったことです。

30分程度の短い練習セッションでも、十分に体と心で起きてることを感じられます。
みんな、理解が深まって、自信がついて、セッションを与え、受けあえるところにいるんだなと感じました。

そして、毎日のように繰り返しセッションを受けることで、自分の中で何が起きているのか、本当に玉ねぎの皮を向くように、少しつづベールが剥がれて落ちていくのがわかります。
IMG_2722.jpg

朝顔を洗っている時にふと、前日のセッションのことを思い出し、それが、「あ、なるほど」と思える自分の日常での在り方と重なる。
その層が徐々に深く、無意識だったことや、忘れようとしていたことを浮かび上がらせていきます。

私がミッドタームで見ていたのは、私自身が、自分の役割に強い責任を感じていること。
それは、良い面もあるけれど、脅迫観念に近いようなものになると、何かしていないと不安で仕方がないという慢性的な怯えにもつながります。
FullSizeRender_2016100515094791d.jpg

そして、人との距離感において、もともと、0か100タイプであることにも気づきました。
近づくのも、離れるのも、自由にジャンプするように行き来できるのだけど、距離そのものは縮められない。

「この人いいな」と思ったら、すぐに告白して結果をだして、近づくか、引くかを決めるというのは、私の若い頃の在り方そのものなんだけど、そういうフィーリングが、体の中にいる体験に没頭していると、不思議と浮かび上がってくる。そして、そこにはどうなるかわからないことや、少しづつ関係性を作っていくことに対する怖さや、面倒臭さが、ありありと感じられたのです。

面白いことに、40代後半になる今の現実の私は、このジャンプを繰り返したくないと思っている。
そうではなく、もっとゆっくり、時間をかけて、結論をすぐに出さずに、
今ここにある何かを携えて、そこにいることから、今までにないものを得たいという望んでいるのだと、はっきりとしてきました。

FullSizeRender 2

セッションに、これらのことは、現れます。
そして、自分の在り方を深く理解して、受容してあげられると、本当に自分自身でいることを誇りに思え、安心していられるようになってきます。

私自身が、真に安心していると、どんな人とでも、コミュニケーションは容易になるんだな。
生きてるって、いろいろあるけど、いいもんだ。

そんなことを感じるこの一週間でした。

10月2日に夫と作った会社「クリパル・ジャパン」は10周年を迎えることができましたが、長い道を毎日、歩き続けているという気持ちでいます。

トレーニングは残り数セッションと、課題レポートの提出を残すのみです。

新しい日常が始まるような気持ちを、これからの未来でも、繰り返し味わいながら生きていきたいなと思います。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[フェニックスライジング・ヨガセラピー(PRYT)
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/509-88d538a3
trackback