山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
冬:ヴァータの季節の過ごし方
暮らしにいかすアーユルヴェーダの基礎4「プラーナ、テジャス、オジャス編」も無事終了し、クリパルジャパンYoga of Lifeでの2016年最後のレギュラークラスも終了。ああ、今年ももうすぐ終わるんだなという感覚が強くなってきました。
IMG_2914.jpg
クリスマスも、もうすぐです。

アーユルヴェーダでは秋、冬は風と空の質をもつ「ヴァータ」が増える季節と言います。

今日外で子供とバドミントンをしましたが、本当に「ヴァータ」=風が増えてる!と感じました。

風が吹くと…
空気がめちゃくちゃに動き回るのが、舞う木の葉の動きでよくわかります。
髪の毛もハチャメチャに動き、バドミントンの羽も思うようには飛びません。

風待ち中、その様子を見ていたら、ヒラメキました。
だから、まずはヴァータをケアして、それから他のドーシャのケアをしなさいって言うんだなと…つまり、ビュービュー風が吹いているなかで、エネルギーの方向を転換するようなことをしても、ぐちゃぐちゃになってしまうから、まず風を止ませ、風と空の清浄な空間、落ち着いて微細な感覚を感じられる状態にしなさいってことなんだ、と。
IMG_2921.jpg

風が止む合間に羽を打てば、気持ちいいくらいスパッと、目標に向かって飛んでいきますからね^^

そしてもう一つ、どんなに空間に風が吹き荒れていても、視線を落として大地を見れば
IMG_2920.jpg
しっかりと根を張って、風が吹いてもビクともしない、素晴らしい安定感で、柔らかく強く咲く花があります。
こんな風にグラウンドするのも、ヴァータの季節に大切なことだなと思うのです。

忙しい、頭がいっぱいというときだけでなく、冷え性、乾燥による皮膚の炎症、便秘、神経系の痛み、ホルモンバランスの乱れも心身の風=ヴァータが吹き荒れている時に起きる症状です。

次回のクリパル・アーユルヴェディック・ヨガWSでは、ヴァータをケアするオイルトリートメントと、グラウンドして体を中から温めるアーユルヴェディック・ヨガを体験できます◎
最近話題のオイルプリング(ごま油を使ったうがい)も紹介しますので、更年期症状や白髪予防に何か試してみたい方にもオススメです。

年末年始を超えたら、一息ついてセルフケアして、元気に一年過ごしたい方、ぜひいらしてください^^

ご予約、お問い合わせはクリパルジャパンYoga of Lifeまでどうぞ。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/515-757db176
trackback