クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
コンビニにて
4月の初め、まだヨガ指導は休んでいたが、待ったがきかない仕事もあり、書類を抱えてコンビニへ向かった。
この辺りに一軒しかなかったコンビニと、同じコンビニがもう一軒できた。新しい方へ行った。
IMG_3260.jpg

カウンターで「宅急便コンパクトで、お願いします」と伝えた。
すると、ちょうど奥のドアから私服の(でも多分アルバイトの)女の子が出てきた。慌てた様子だ。

カウンターにいたおばちゃんに、「あの、これって、ハンコいるんですよね?」と尋ねる。
「あ、それやったことないから…あ、お客さん、すいませんね、宅急便ですね」とおばちゃん。同時に2人と話してる。

女の子は独り言のようにハンコについて考えあぐねていたが、目の前にある「宅急便コンパクト」の封筒をみて「これ(封筒)、測るんですよね?」といいながら、メジャーを取り出して測っている。

いや、待て、宅急便でも「コンパクト」のほうだから、測らなくていいんじゃね?

その後しばらく、まるでルールを知らずにボールを投げて、とりあえず打つけど、どっちに走ったらいいかわからない野球選手みたいな会話がしばらく続いた。

しんがりに、宅急便のお兄ちゃんが到着。
混乱している現場にあれこれ指示するも、おばちゃんは、あたふた。女の子はハンコ問題に戻った。

そこにいたわたしは、だんだんおかしくなってきた。
そして「なんか、大変そうですね」と口に出して言ってみた。

すると、

「今日はほら、新学期やら入学式やらで。ベテランの人がひっとりもいないのよ。わたしたち、みんな入りたてで…よくわからない人ばかりで。すいませんねぇ、お客さん…」と謝るおばちゃん。

わたしは、なんだか、すごく心が温かくなった。
目の前で何が起きてるのか、少し説明してもらっただけで、相手の気持ちがうんと伝わってきて、頑張ってるおばちゃんを「店員」ではなく、「今一生懸命生きてる人」に思えた。

もしわたしが急いでいたり、別のことでイライラしているたら、きっと見過ごしてしまうような一瞬のリアルなつながり。

わたしは、完璧さより、血の通った関わりのほうが、人の心に響くんだなと思った。

帰り際、「がんばってくださいね」と手を振りながら、コンビニを出た。素晴らしくいい気分だった。

その後、あのコンビニの前を通りかかるたび、「あのおばちゃんたち、がんばってるかな?」と自然と思いを馳せている。

スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/522-cf5173a6
trackback