クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
私の好きなアーユルヴェーダの使い方
クリパルジャパンのフェイスブック投稿の記事を読んでみてほしい。



自分が、ヨガ、瞑想やPRYTヨガセラピーでしてきたことや、そこから得た安らぎがなんであったのか、わかりやすく書かれている。
そして人として、有機的に暮らしていく中で、子育てにも、仕事にも、また、1人の女性として生きる上で、自分の軸になった。

だからこそ、自分がクラスやセッションをする側になった時にも、同じことを大切に臨んでいる。

では、アーユルヴェーダに関しては?
一般的にアーユルヴェーダは、いわゆる「対処療法」と捉えられているだろう。 心身の特質(ドーシャ)のバランスが崩れると不調が起きるため、そうならないように「処方」する、という考え方だ。

しかし私は医者ではない。
そして、もともとこの投稿にあるように、「心身で起こるフィーリング(感情も感覚も)を、ジャッジせずに、そのまま、気づいていることで、自然と変化する」というアプローチに共感している。

だから、私にとってのアーユルヴェーダは、自分の良くないところを治すためのものではない。

むしろ、そこにいるために、リラックスするための心強いサポートであり、フィーリング(言い換えれば自分の体験)そのものに自然な変化を促すことで、心身がどう変わるかに気づくためのものなのだ。

アーユルヴェーダを取り入れると、
・心のざわざわが落ち着く
・体の緊張がほぐれる
・消化器、呼吸器など体の中がフレッシュに感じる
・関節、筋肉に滑らかさ、温かさが戻る
などなど

心身がリラックスし、活気づく。
そのほうが、ストレスや、強い感情、痛みや恐れが起こった時に、それを感じていやすい。
そして、必ず変化するという自然の摂理を、なんども確認することになる。

アーユルヴェーダの入門ワークショップ
はじめてのアーユルヴェーダ

ヨガの練習にアーユルヴェーダの知恵を取り入れたクラス
夏のクリパル・アーユルヴェディック・ヨガ

そして、和歌山の古民家で、豊かな自然環境、お食事、体を動かすヨガの体験などを1日たっぷり味わう
アーユルヴェーダとヨガの1日<夏の養生編>〜体にまつわるインドのおばあちゃんの知恵〜

7月はアーユルヴェーダ関連のクラス、ワークショップが東京、和歌山で予定されています。
興味のある方は是非、クリックして、詳細をご覧ください^^

月並みな言い方ですが、アーユルヴェーダがあると、日日の暮らしが豊かになるよ。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[アーユルヴェーダ
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/527-90dde828
trackback