クリパルヨガ教師、三浦まきこのブログです。日日の暮らし、子供との関わりや料理など。好きなことを好きなように綴ります。
ふたつの知らせ
今日、2つの知らせが舞い込みました。

ひとつは、赤ちゃん誕生の知らせ。
マタニティヨガのクラスの生徒さんで、10月発売予定のDVDにもモデルとして登場して頂いている方から。
先週金曜は、渋谷のクラスでヨガしてたんです。
8月31日、月曜日、女の子誕生。3,150kgの髪の毛ふさふさ、おめめクリクリの赤ちゃんの写真つきでした。地球へようこそ。お誕生おめでとう。

そしてもうひとつは、先週初めてお会いして、とても印象に残っている女性、デジャーデンゆかりさん急死の知らせ。お会いしたのは27日木曜。30日に倒れられ、31日に亡くなられたとのこと。

本当は、ゆかりさんのファシリテーションのお話を聞きたかった。
息子がお昼寝を嗜んでいて、結局後半のジャンベ&アフリカンダンスのワークショップのみに参加し、私は抱っこしながら初めてジャンベを叩いた。
ワークショップの流れはすばらしく、自分のヨガの指導にインスピレーションも沸いた。
ジャンベ隊のリズムに合わせて、ゆかりさんはすばらしいダンスを踊ってた。
力強く、個性的な、人間を表現するようなダンス。

授乳してたとき、声をかけてくださった。でもその言葉が思い出せない。
帰る間際に、「翼をください」を仲間数名と歌っている声が聞こえた。

自分の過去の一ページを思い出し、一緒に口ずさみながら、帰途についた。
またお会いしたかった。今度は一緒に歌いたいと思った。

同じ日に、一人は生まれ、一人は逝く。

生きてる私は、命についてちゃんと意識を向けて今日を過ごしただろうか。No。
誕生と死にあうと、はじめて命の大いなる力に意識が向かう。
まるで太陽が昇るときと沈むときにだけ、その存在に意識を向け、真っ昼間、頭の上から世界を照らす太陽は存在すら忘れられているみたいに。

明日は昼間の太陽に、その光と暖かさに感謝したい。
生まれ、死ぬときだけでなく、生きている今こそ、命の不可侵のちからを自分のうちに感じたい。

多少の心やからだの不調や、難しいことがあったって
そうさ、今 生きている。
それって、すごいことなんだ。
スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Diary暮らしのしおり
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/85-3b35a642
trackback