山梨県でのクリパルヨガのクラスやワークショップについて。自然育児や料理などのコラムも。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 三浦まきこ
 
[スポンサー広告
子どもの育ち方 その2
高尾「きらくかん」開催の子どもの育ち方講座、二回目に行って来ました。
かなり楽しみにしておでかけ
あっという間(1回目よりずっと短く感じた)の1時間半でした。

今回の私にとってのハイライトは、今更ですが、ありのままの自分でいることって、意外と難しいんだってこと。

理想の母親はこんな人、と箇条書きにした紙を「これは幻、そんな人いないの~」と破って捨てた。子どもにとっては、そこに今いる「あなた」が、ただ存在するっていうだけでいいんだよ、と話し手の奥谷さんは言う。

確かに子どもは、理由もなく笑ったり、何の目的もなく歩いたり、そんな毎日を繰り返してる。ただ存在するのがすごく得意な人、それが子どもだ。

それに比べて私はいざ、「ああしなくちゃ」とか、「こうなりたい」ではなく、そのまんまの自分でいようと思うと、コレが意外と難しい、、、というか、よくわからなくなる。

そんな中、自分のリズムを取り戻すという簡単な『ひざたたき』ワークを行った。

叩きたいリズムでひざを叩くと、自然と自分の鼓動や呼吸と合った自分のリズムをきざんでいるそうだ。子どもと繋がりながら叩くと、子どものリズムとも合ってくる。

ヨガを始めるとき、クリパルではよく自然呼吸から始める。
呼吸は、まさに『自分のリズム』なのだから、そうやって自分自身の本来のリズムにまず繋がって、そこから始めるために行う、そう意識してヨガをすると普段よりずっと、リラックスして自分自身のままでいられるように思う。

私がヨガをしているのは、考えるとつい分からなくなってしまう『本来の自分』に繋がりたいからなのかなと思った。



スポンサーサイト
Posted by 三浦まきこ
comment:0   trackback:0
[Relationship夫と子供との暮らし
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kripalushiotsu.blog92.fc2.com/tb.php/95-fcd38ddf
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。